ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    産前産後期間の国民年金保険料免除について

    出産予定月または出産月の前後の一定期間の国民年金保険料が免除になります。この免除期間は、年金を受け取るための期間として計算されますので、将来受け取る年金額が少なくなることはありません。

    免除を受けるためには届出が必要です。忘れずに、手続きをしましょう。

    免除期間

    出産予定日または出産日が属する月の前月から4か月間の国民年金保険料が免除されます。

    多胎妊娠の場合は、出産予定日又は出産日が属する月の3か月前から6か月間の国民年金保険料が免除されます。

    • 保険料免除は、平成31年4月以降の期間に限ります。
    • 出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます。(死産、流産、早産された方を含みます。)

    対象者

    産前産後の免除期間に国民年金第1号被保険者の期間がある方

    (出産日が平成31年2月1日以降の方が対象になります。)

    届出時期

    出産予定日の6か月前から届出ができます。(出産後も届出できます。)

    届出先

    市民・国保課福祉医療・年金担当

    届出に必要なもの

    • 母子健康手帳
    • 年金手帳など基礎年金番号がわかるもの
    • 本人確認ができるもの(マイナンバーカードなど)

    など、詳しくは下記まで問い合わせてください。

    日本年金機構ホームページ(国民年金保険料の産前産後期間の免除制度)

    • [初版公開日:]
    • [更新日:]
    • ID:2497

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます