ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    国民年金について

    国民年金は、日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満のすべての人が加入します。

    国民年金には、「第1号被保険者」「第2号被保険者」「第3号被保険者」と3種類があります。

    • 第1号被保険者…農業等に従事する人、自営業の人、学生、フリーター、無職の人など
    • 第2号被保険者…厚生年金保険の適用を受けている事業所に勤務する人
    • 第3号被保険者…第2号被保険者の配偶者で20歳以上60歳未満の人

    (ただし、年間収入が130万円以上で健康保険の扶養となれない人は第3号被保険者とはならず、第1号被保険者となります。)

    綾部市の年金窓口でできる主な手続き

    • 国民年金の第1号被保険者になる手続き
    • 任意加入・喪失の手続き(海外に居住する人や60歳以上の人など)
    • 国民年金保険料の免除・納付猶予・学生納付特例の申請
    • 第1号被保険者の期間のみを有する人の老齢基礎年金の請求
    • 20歳前や第1号被保険者の期間中に初診日のある障害基礎年金の請求
    • 遺族基礎年金、死亡一時金、寡婦年金の請求

    (補足)国民年金・厚生年金について、詳しくは日本年金機構ホームページ(別ウインドウで開く)をご覧ください。

    国民年金保険料(定額保険料)

    国民年金の第1号被保険者の月々の定額保険料は、次のとおりです。

    • 令和3年度:16,610円
    • 令和4年度:16,590円
    • 令和5年度:16,520円
    • 令和6年度:16,980円

    付加保険料

    月々の定額保険料に加えて、付加保険料(400円)を納付することができます。付加保険料を納付すると、老齢基礎年金に付加年金を上乗せして受給することができます。

    • 付加保険料を納めるには申し込みが必要です。
    • 付加保険料は申し込みをした月の分から納付します。

    国民年金保険料の納付方法

    • 現金納付(納付書による支払い)
    • 口座振替(口座からの引き落とし)
    • クレジットカード納付
    • 電子納付
    • スマートフォンアプリによる電子決済(au Pay、d払い、PayB、PayPay、LINE Pay、楽天ペイ)

    現金納付(納付書による支払い)

    日本年金機構から送付される納付書を使用し、金融機関、郵便局、コンビニエンスストアにて納付する方法です。

    毎月納付のほか、6か月分、1年度分、2年度分など、保険料をまとめて前納(前払い)することもできます。前納すると割引があります。

    (補足)お手元に納付書がないときは、舞鶴年金事務所(電話0773-78-1165)までご連絡ください。

    口座振替(口座からの引き落とし)

    当月分の保険料が翌月末(例:5月分は6月末)に、口座から引き落とされます。

    (注意)月末が休日の場合は、翌営業日に引き落とされます。

    口座振替を希望する人は、舞鶴年金事務所または金融機関の窓口で申込手続きが必要です(手続きに1か月から2か月かかります)。申込用紙は市役所にもありますので、問い合わせてください。

    また、口座振替で前納すると、次のとおり、現金納付やクレジットカード納付よりもお得に納付できます。

    令和5年度
    納付月数毎月納付現金納付
    クレジットカード納付
    (前納)
    口座振替
    (前納)
    1か月分
    保険料額
    16,520円-16,470円
    1か月分
    割引額
    --(早割の場合)50円
    6か月分
    保険料額
    99,120円98,310円97,990円
    6か月分
    割引額
    -810円1,130円
    1年度分
    保険料額
    198,240円194,720円194,090円
    1年度分
    割引額
    -3,520円4,150円
    2年度分
    保険料額
    402,000円387,170円385,900円
    2年度分
    割引額
    -14,830円16,100円

    (補足)「割引額」は、「毎月納付」した場合との差額を示しています。

    • 1か月前納(早割)…当月分の保険料が当月末(例:5月分は5月末)に引き落とされます。
    • 6か月前納上期…4月分から9月分の保険料が、4月末に引き落とされます。
    • 6か月前納下期…10月分から翌年3月分の保険料が、10月末に引き落とされます。
    • 1年前納、2年前納…4月分から翌年3月分または翌々年3月分の保険料が、4月末に引き落とされます。
    • 月末が休日の場合は、翌営業日に引き落とされます。

    (注意)口座振替の前納の申込期限は、6か月前納上期、1年前納、2年前納が2月末まで、6か月前納下期が8月末までです。

    クレジットカード納付

    被保険者ご本人が事前に申し込むことで、以後、継続的にクレジットカード会社が立替納付を行う方法です。

    クレジットカード納付も、毎月納付のほかに前納することができますが、口座振替の前納と同じく申込期限があり、6か月前納上期、1年前納、2年前納が2月末まで、6か月前納下期が8月末までです。

    クレジットカード納付を希望する人は、舞鶴年金事務所で申込手続きが必要です。申込用紙は市役所にもありますので、問い合わせてください。

    電子納付

    同封の納付書を使用して、Pay-easy(ペイジー)対応のATM、インターネットバンキング等が利用できます。Pay-easy(ペイジー)のご利用については、金融機関に問い合わせてください。

    スマートフォンアプリによる電子決済

    対応する決裁アプリをスマートフォン等の端末にインストールしたうえ、端末のカメラ機能を使用し、納付書に印字されたバーコードを読み取ることで納付することができます。

    対象となる決裁アプリは、au Pay、d払い、PayB、PayPay、LINE Pay、楽天ペイです。決裁アプリの操作方法は、各決裁事業者に問い合わせてください。

    (注意)バーコードが印字されない納付書(30万円を超える金額の納付書など)はスマホ決裁ができません。

    社会保険料(国民年金保険料)控除証明書

    国民年金保険料は、全額が社会保険料控除の対象です。

    年末調整や確定申告で、国民年金保険料を申告するためにお使いいただく、『社会保険料(国民年金保険料)控除証明書』は、毎年11月上旬に日本年金機構から送付されます。

    (注意)10月以降にその年初めて国民年金保険料を納付した人は、翌年2月上旬に送付されます。

    関連リンク

    • [初版公開日:]
    • [更新日:]
    • ID:2489

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます