将来都市像

閉じる

ホーム > 暮らし > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 固定資産税の納税義務者が亡くなられたとき

ここから本文です。

更新日:2021年5月25日

固定資産税の納税義務者が亡くなられたとき

固定資産税の納税義務者(所有者)が亡くなられた場合、相続登記が完了するまでの間、納税通知書を受け取る代表者(相続人代表者)を、相続人のうちから指定していただいております。

この届は、相続する資産の所有権を定めるものではありません。

この届を提出後、12月末日までに法務局(登記所)で登記が完了しますと、翌年度からは登記の内容に基づいて新しい所有者の方に納税通知書を送付します。

この届出用紙は亡くなられた日からおよそ2ヶ月以内に、相続人の方に郵送しています。

相続登記について

相続登記の手続きについては、下記の登記所へお問い合わせください。

京都地方法務局福知山支局(外部サイトへリンク)

 

様式のダウンロード


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画総務部税務課

京都府綾部市若竹町8番地の1

電話番号:0773-42-4244(直通)

ファクス:0773-42-4406

Eメール:zeimu@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?