住んでよかった… ゆったりやすらぎの田園都市・綾部

  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 市へのメール
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
文字サイズ
拡大
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

ホーム > 暮らし > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 固定資産の評価替え

ここから本文です。

更新日:2012年2月6日

固定資産の評価替え

固定資産の評価替えは3年ごとに行われる、評価額を見直す作業です。

固定資産税は、所有する固定資産の価格(適正な時価)を課税標準として課税されます。

ですから、本来であれば毎年評価替えを行い、課税を行うことが納税者間における税負担の公平に資することになりますが、膨大な数の土地、家屋について毎年度評価を見直すことは、実務的に事実上不可能であることや、課税事務の簡素化を図り、徴税コストを最小に抑える必要もあること等から、土地と家屋については原則として3年ごとに評価額を見直す制度となっています。

なお、土地の価格については、地価の下落によって価格を据え置くことが適当でないときは、簡易な方法により評価を修正できることとなっています。


お問い合わせ

総務部税務課

京都府綾部市若竹町8番地の1

電話番号:0773-42-4244(直通)

ファクス:0773-42-4406

Eメール:zeimu@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?