住んでよかった… ゆったりやすらぎの田園都市・綾部

閉じる

ホーム > 産業・ビジネス > 産業 > 京都府緊急事態措置協力金

ここから本文です。

更新日:2021年1月22日

京都府緊急事態措置協力金

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、令和3年1月13日に緊急事態宣言が発令されたことに伴い、京都府から府内の飲食店等に対し、令和3年1月14日(木曜日)から令和3年2月7日(日曜日)まで、営業時間の短縮(午前5時から午後8時までの間の営業。酒類の提供は午前11時から午後7時まで。)が要請されました。

特別措置法に基づく時短要請に協力いただいた企業・団体及び個人事業主に対して「京都府緊急事態措置協力金」(以下「協力金」)が支給されます。

  • 1月22日に京都府の支給要件が変更になりました。変更箇所は下記の赤字部分です。

詳しくは京都府のホームページ(外部サイトへリンク)でご確認ください。

主な要件

1.特別措置法に基づく時短要請が行われた施設(外部サイトへリンク)

2.時短営業を始めた日から2月7日までの間、定休日等を除く、全ての営業日において、連続して時短要請に応じたこと。

  • 時短営業を始めた日から2月7日までの全ての営業日において協力していただければ、日割りで支給されます。
  • 期間中、時短要請に応じていただいているか巡回調査が行われます

3.新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン推進宣言事業所ステッカー(外部リンク)の交付を受けていること。

  • 同ステッカーの交付を受けていない場合でも、国や府のガイドラインに基づき感染防止対策を実施していれば対象

※上記のほかにも要件がありますので、必ず京都府のホームページ(外部サイトへリンク)を確認してください。

申請の受付

京都府が要請期間終了後(2月8日(月曜日)以降)に開始予定

申請手続きに関する問い合わせ先

協力金コールセンター:075-365-7780(月曜日から土曜日9時30分から17時30分)日曜日・祝日は休み。

支給額

1施設(店舗)につき、時短営業した日数×6万円

  • 定休日等は、協力金の対象となる日数には含みません。
  • 時短営業を始めた日から令和3年2月7日(日曜日)午後12時まで、定休日等を除く、全ての営業日において、連続して時短要請に応じていただくことが必要です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林商工部商工労政課

京都府綾部市若竹町8番地の1

電話番号:0773-42-4263(直通)

ファクス:0773-42-4406

Eメール:syokorosei@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?