住んでよかった… ゆったりやすらぎの田園都市・綾部

  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 市へのメール
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
文字サイズ
拡大
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

ホーム > 消防本部 > 火災予防 > 住宅用火災警報器 > 住宅用の火災警報器は設置しなければいけないの?

ここから本文です。

更新日:2012年2月13日

住宅用の火災警報器は設置しなければいけないの?

去る平成16年6月に消防法の一部が改正され、全国一律に住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。これを受けて綾部市では平成17年12月19日に綾部市火災予防条例の一部改正を行い、寝室、台所をはじめとした住宅の各部分に住宅用火災警報器の設置を義務付けました。

この改正に至った背景には、急増する住宅火災による死者数が挙げられ、その数は建物火災による死者数の約9割に及びます。また住宅火災による死者の約7割が逃げ遅れによるものであり、この犠牲を低減させるためには火災警報器の普及促進が不可欠です。アメリカでは設置義務化し21年間で死者数が5割減となり、イギリスでも同様に13年間で4割減少しています。

このように死者数の低減、火災の早期発見に大変有効な住宅用火災警報器は、平成23年6月1日から、すべての住宅(アパートを含む)において、設置が義務付けられています。

住宅用火災警報器Q&A

住宅用火災警報器ってどんなもの?

画像:NSマーク

火災による煙や熱を感知して警報音や音声で知らせてくれる装置です。これにより寝ているときにも火災に早く気付くことができます。電源には電池を使用するものと家庭用電源を使用するものがあり、機器の有効期限は機種により異なりますが、10年が目安です。価格は1個が数千円から1万円程度で、LPガス販売店、電気店、電気工事店、量販店や消防用品取扱店などで取扱い・販売されています。国の定める規格に適合していることを鑑定し、合格していることを示す日本消防検定協会のNSマークが表示されたものを設置してください。

設置する場所は?

  • 就寝に使用する部屋
  • 寝室がある階の階段部分
  • 台所

この他にも床面積が7平方メートル以上の部屋が5つ以上ある場合や、3階建ての場合などでは廊下や階段に設置が必要になる場合があります。基本的にどの場所でも煙を感知する火災警報器を設置しますが、台所については熱を感知する火災警報器を設置することができます。

画像:警報器設置例1

設置方法は?

設置しなければならない部屋の天井または壁に取り付けます。

天井取り付け式の場合は壁や梁から60cm以上離します。

壁取り付け式の場合は天井から15cm以上50cm以内の位置に取り付けます。

エアコンや換気口などの近くに設置するときは、その空気の吹き出し口から1.5m以上離して取り付けるよう注意が必要です。

台所には通常の調理の煙や水蒸気のかかるおそれの無い位置に取り付けるよう注意が必要です。

画像:警報器設置例2

ご相談・ご質問は

その他住宅用火災警報器について詳しくは下記のいずれかへ気軽にご相談ください。

  • 綾部市消防本部予防課:電話0773-42-0119
  • 住宅用火災警報器相談室:電話0120-565-911
  • (社)京都消防設備協会:電話075-231-7501

悪質商法には要注意!

住宅用火災警報器の設置義務化に乗じて、各地で悪質な訪問販売による被害が発生しています。被害に遭わないため注意してください。

悪質訪問販売の手口

消防職員を装い、「消防署の方から来た」と偽ります。

消防職員や消防団員が訪問販売をすることはありません。

「消防署で許可を得て販売しています」と偽ります。

消防署が特定の業者に販売を許可することも、委託することもありません。

「すべての部屋につけなければいけない」と偽ります。

設置が必要なのは、寝室(寝室が2階以上にもある場合は、その階段)・台所等です。

「点検も義務付けられている」と偽ります。

点検の義務はありません。試験機能が付いているものはご自分で点検ができます。

「取り付けないと罰せられます」「この警報器を」などと、強引に購入を迫ります。

設置すべき警報機を個別に指定することもありません。また罰則はありません。訪問販売で購入するときはその場ですぐに購入せずに、他の製品と価格を比較するなど、十分に考えてください。またNSマークを購入の際の目安にしてください。

住宅用火災警報器や消火器の訪問販売はクーリング・オフ制度の対象です。「おかしいな?」と思ったら綾部市商工観光課に相談してください。

綾部市商工観光課電話:0773-42-3280

財団法人日本消防設備安全センターでは、『住宅用火災警報器相談室』が開設されています。

電話番号:0120-565-911《フリーダイヤル》

受付時間:月曜日から金曜日までの午前9時から午後5時(祝祭日は休み)

業務内容:住宅用火災警報器に関する個人からの一般的な相談

お問い合わせ

消防本部予防課

京都府綾部市味方町アミダジ20-2

電話番号:0773-42-0119

ファクス:0773-43-1483

Eメール:syoboyobo@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?