住んでよかった… ゆったりやすらぎの田園都市・綾部

  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 市へのメール
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
文字サイズ
拡大
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

ホーム > 消防本部 > 消防団 > 女性消防団員 > 全国女性消防操法大会

ここから本文です。

更新日:2013年10月31日

全国女性消防操法大会

全国女性消防操法大会とは

女性の消防隊の消防技術向上と士気の高揚を図り、もって地域における消防活動の充実に寄与する事を目的として、隔年で開催されています。平成25年度開催の第21回大会には綾部市消防団シルキーファイヤーが京都府の代表として出場しました。

大会は下記の日時で開催されました。

  • 開催日時:平成25年10月17日木曜日
  • 開催場所:横浜市戸塚区横浜市消防訓練センター
  • 競技内容:1隊7名で軽可搬ポンプ操法を実施します。ホースを延長し標的を落とすまでの安全性・正確さ・速さを競います。

 

基礎訓練訓練開始

5月。地元の小学校の体育館をお借りして、礼式と体力錬成を中心とする基礎訓練を行いました。

かしら、なか

整列

 

現在総勢11名の選抜選手です。

 

 

 

 

 

 

基礎体力づくり

ダッシュ

まずは基礎体力づくり。ダッシュ、上半身強化トレーニング、持久走とメニューが続きます。

消防用ホース

初めての消防ホース

消防用ホース説明を受けています。

口径40ミリメートルの軽可搬ポンプ用のホースです。両端にはマチノ式という金具がついており、本番では3本のホースを接続して使います。

通常の消防隊が使う65ミリメートルのホースに比べて、軽い反面、取扱いは難しくなります。

きゃはん

初めてのきゃはん

 

女性消防隊が初めて装着する「きゃはん」です。きゃはんとは、すねの部分に巻く布や革でできた副装品です。活動時に、ズボンの裾が障害物にからまったりしないよう裾を押さえ、すねを保護します。

持久走

持久走

掛け声を交替でかけながら最後に5分程度の持久走を行ないます。皆さん意外に体力があります。

 

休憩

休憩時の水分補給などを、選手以外の女性消防団員に交代でお世話になりました。女性消防団員全員体制で頑張りました。

後方支援

 

ミーティング

ミーティング自己紹介や抱負、今後の方向性などを話し合いました。

 

本番

10月17日に横浜市消防訓練センター(横浜市)で開催された第21回全国女性消防操法大会(消防庁、日本消防協会主催)に、綾部市女性消防隊(出口由美子隊長)が府代表で出場し、敢闘賞を受賞しました。

報告

平成9年からは2年ごとに開かれている同大会に綾部市から出場するのは、19年ぶり。消防団からの出場は初めてで綾部市消防団(西安榮樹団長)の女性消防団員「シルキーファイヤー」のメンバー26人中11人で編成されています。

女性消防隊は5月初旬から基礎体力訓練や礼式、7月末から放水訓練など操法訓練に取り組んできました。この間、綾部市内各分団からも訓練支援を受け、準備や訓練の補助・支援をしていただきました。

女性隊員らは台風の影響が心配される中、前日の16日に横浜市に到着。大会会場事前訓練を終えて翌17日の本番に臨みました。大会では第1コースの11番目に出場。綾部市長、市議会議長、綾部市消防団長や隊員の家族が見守る中、5人の要員はこれまでの厳しい訓練の成果を発揮しました。

放水

整列

 

 

お問い合わせ

消防本部管理課

京都府綾部市味方町アミダジ20-2

電話番号:0773-42-0119

ファクス:0773-43-1483

Eメール:syobokanri@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?