住んでよかった… ゆったりやすらぎの田園都市・綾部

  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 市へのメール
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
文字サイズ
拡大
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

ホーム > 暮らし > 戸籍・住民の手続き > 写しの交付 > 平成22年11月1日(月曜日)から戸籍事務を電算化

ここから本文です。

更新日:2012年2月16日

平成22年11月1日(月曜日)から戸籍事務を電算化

戸籍事務の電算化は、現在、全国で約8割の市町村で完了しております。本市においても、平成22年11月1日から一部の事務を電算化しました。

電算化するメリット

これまでは、戸籍の作成や訂正、証明書発行などを手作業で行っていたため、かなりの時間を要していました。戸籍関係証明書の発行についても、長時間お待ちいただいていました。電算化により戸籍関係証明書の発行は大幅に短縮されました。

電算化による変更点

戸籍謄本などの呼び名

  • 戸籍謄本→全部事項証明書
  • 戸籍抄本→一部事項証明書

様式も縦書きから横書きに変わり、漢数字はアラビア数字に変わるなど、証明書がより分かりやすくなっています。A4サイズで、改ざん防止用紙を使用しています。

本籍の地番表示

本籍の地番表示は、「の」を省略して表示しています。

(例)1番地の5→1番地5

本籍・住所の小字表示

本籍・住所の小字表示は、登記簿(法務局)で使用されている小字名と同じ小字名や字体となっています。変更する小字名は下記の変更になる小字一覧(PDF:19KB)をご覧ください。市民・国保課にも、変更する小字名の一覧を置いています。

戸籍に記載されている氏名の文字

戸籍に記載される「氏名」の文字は、手書きによるものが多かったため、崩し字体や書き癖によるものも多くありました。電算化に伴い、これらの文字は、国で使用可能と定めた文字に置き換えて戸籍を作成しています。

戸籍附票

戸籍に記載されている方の住所異動の履歴を記録している「戸籍附票」も改製しています。電算化以降の住所が記録されますので、以前の履歴が必要な場合は、「改製除附票」をご請求ください。改製除附票は5年間保存します。

戸籍電算化Q&A

Q.使用可能な文字に置き換えられた場合、印鑑証明書の変更手続きは必要ですか?

A.必要ありません。


Q.現在の戸籍はどうなりますか?

A.平成改製原戸籍としてデータで保存します。

 

※電算化後の戸籍には、電算化前に婚姻や死亡などにより除籍されている方は、記載されない場合がありますので、これらの事項が記載されている証明が必要なときは、平成改製原戸籍をご請求ください。


問い合わせ

市民・国保課電話(42)3280内線263.264

添付ファイル

変更になる小字の一覧(PDF:19KB)

 


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民環境部市民・国保課

京都府綾部市若竹町8番地の1

電話番号:0773-42-4245(直通)

ファクス:0773-42-4406

Eメール:siminkokuho@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?