住んでよかった… ゆったりやすらぎの田園都市・綾部

  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 市へのメール
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
文字サイズ
拡大
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 国民健康保険 > 第三者行為による傷病について

ここから本文です。

更新日:2012年3月5日

第三者行為による傷病について

交通事故や第三者(加害者)の行為によって受けたケガや病気の医療費は、加害者が過失割合に応じて負担するのが原則ですが、事前に届け出ることにより、いったん国民健康保険で治療を受けることが出来ます。

第三者行為とは

  • 交通事故にあったとき
  • 他人の飼い犬にかまれたとき
  • 暴力を受けたときなど

手続き方法

国民健康保険証を使い診療を受けるときには、必ず事前に市民・国保課の窓口に届け出てください。届出により国保で治療を受けると、国保から病院へ医療費の7割分(または8割分、9割分)を支払い、後日、国保が被保険者に代わって加害者へ請求することになります。

注意点

加害者から治療費を受け取ったり、示談が成立してしまうと、その取決めが優先となり、加害者に治療費を請求できなくなる場合があります。示談をする前に、必ず市民・国保課の窓口へ届出をしてください。

お問い合わせ

市民環境部市民・国保課

京都府綾部市若竹町8番地の1

電話番号:0773-42-4246(直通)

ファクス:0773-42-4406

Eメール:siminkokuho@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?