将来都市像

閉じる

ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > 後期高齢者医療制度の加入者が亡くなられたとき

ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

後期高齢者医療制度の加入者が亡くなられたとき

後期高齢者医療制度の被保険者が亡くなられた場合、以下の手続きが必要です。

資格喪失届と保険証等の返却について

後期高齢者医療制度の被保険者資格が喪失しますので、『資格取得(変更・喪失)届書』をご提出ください。

亡くなられた被保険者の保険証については、市民・国保課国保・高齢者医療担当へお返しください。

また、限度額適用認定証または限度額適用・標準負担額減額認定証をお持ちだった場合も、併せてお返しください。

資格取得(変更・喪失)届書(ワード:49KB)

葬祭費について

申請により葬祭を行った方(喪主)に対して葬祭費5万円が支給されます。

詳しくは「京都府後期高齢者医療広域連合」(外部サイトへリンク)をご覧ください。

申請書等の提出は、市民・国保課国保・高齢者医療担当までお願いします。

 

 

お問い合わせ

市民環境部市民・国保課

京都府綾部市若竹町8番地の1

電話番号:0773-42-4246(直通)

ファクス:0773-42-4406

Eメール:siminkokuho@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?