将来都市像

閉じる

ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 国民健康保険 > 出産育児一時金について

ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

出産育児一時金について

国民健康保険の加入者が出産したときは、申請により出産育児一時金が支給されます。

妊娠4か月(85日)以上の死産・流産も含みます。

出産育児一時金支給申請書(PDF:86KB)

支給額

40.4万円(産科医療補償制度に加入している分娩機関での出産の場合は42万円)

支給方法

原則として出産育児一時金を市から医療機関等へ直接支払います。

医療機関等への支払額が支給額より低い場合は、差額を支給しますので、必ず申請してください。

医療機関への直接払いを希望されない場合は、医療機関に申し出て、市に申請をしてください。

申請に必要なもの

直接支払制度を利用する場合

  • 一時金の申請・受理を医療機関などに委任する旨の書面
  • 医療機関からの診療明細書
  • 保険証
  • 印鑑

差額支給がある場合

  • 上記のものに加えて通帳

直接支払制度を利用しない場合

  • 領収書
  • 保険証
  • 通帳
  • 印鑑

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民環境部市民・国保課

京都府綾部市若竹町8番地の1

電話番号:0773-42-4246(直通)

ファクス:0773-42-4406

Eメール:siminkokuho@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?