住んでよかった… ゆったりやすらぎの田園都市・綾部

  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 市へのメール
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
文字サイズ
拡大
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > コラム「善聞語録」 > 人生泣き笑い―善聞語録86(広報4月号掲載)

ここから本文です。

更新日:2017年4月14日

人生泣き笑い―善聞語録86(広報4月号掲載)

人はたいてい「オギャー」と泣いて、この世に生まれてくる。そして周りは満面の笑顔で新しい命の息吹を祝い、その子の前途洋々な人生を願う。一方で死に面した時、多くの人は涙する。故人の元気な生前の姿に想いを巡らし、この世ではもう会えないことを悼(いた)み泣くのが常である。
過日、とある葬儀に参列した際のこと。遺族の方いわく、故人はこの世に満足してあの世に逝(い)かれました。行きたい所はどこへも行き、食べたいものはぜんぶ食べて、思い残すことないと申しておりました-と。美しく化粧された顔は確かに安らかで、微笑さえ湛(たた)えた表情は遺族の言葉通り、未練のない人生を全(まっと)うされたものと拝察した。
あの世があるのかないのか、あればそれは極楽か地獄か-の論議は宗教家に委ねるとして、“生”と“死”は人の生における究極の節目であろう。そして人生の終わりを笑って迎えられるかどうかは、その人の“生き様”そのものが表れる瞬間ではなかろうか。
生きることは決して楽しいことばかりではなく、栄枯盛衰は世の習い。「苦楽は糾(あざな)える縄の如(ごと)し」とも言う。歓喜の中で泣いて生まれてくるのが赤ちゃんならば、人生の終焉(しゅうえん)は周囲の悲しみに包まれながらも、本人は満面の笑顔を遺(のこ)せる生涯を送りたいものだ。

山崎善也(綾部市長)

お問い合わせ

企画財政部秘書広報課

京都府綾部市若竹町8番地の1

電話番号:0773-42-3280

ファクス:0773-42-4905

Eメール:hisyokoho@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?