住んでよかった… ゆったりやすらぎの田園都市・綾部

  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 市へのメール
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
文字サイズ
拡大
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > コラム「善聞語録」 > ファーストペンギン―善聞語録85(広報3月号掲載)

ここから本文です。

更新日:2017年3月16日

ファーストペンギン―善聞語録85(広報3月号掲載)

群れで暮らす中で、魚を獲るため最初に海に飛び込む勇敢なペンギン。シャチなどが潜む危険地帯に真っ先に飛び込むため命を落とす確率も高いが、大量の獲物に恵まれるチャンスも広がる。名付けて「ファーストペンギン」。一番手としてのヒーローを讃えるとともに、“ハイリスク・ハイリターン”の創業者魂を表すビジネス用語でもある。
元来、本市にはキラリと輝く“ファースト”が数多く存在する。郡是製糸の創業や大本開教、合気道の誕生、世界連邦都市宣言、そして水源の里条例等々…先達が時代の先を読み、勇気を持って実現させたレガシーで、その進取の精神は脈々と今も引き継がれている。
新年度から、本市でコミュニティナース事業が始まる。文字通り地域に根差した看護師を迎えるもので、都市からの人材移住と過疎に悩む集落の活性化に繫がる、全国的にも稀な試みである。原型は島根県雲南市にあるが、自治体が主導して取り組むのは本市が初となる。
言わばファーストを志したわけだが、本市に移ってくる看護師も、また受け入れる集落も、立場は異なるがファーストペンギンと呼べよう。ファーストには何かと苦難もあろうが、オール綾部の総合力で、勇気あるペンギン達を決して溺れさせてはなるまいと心している。

山崎善也(綾部市長)

お問い合わせ

企画財政部秘書広報課

京都府綾部市若竹町8番地の1

電話番号:0773-42-3280

ファクス:0773-42-4905

Eメール:hisyokoho@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?