住んでよかった… ゆったりやすらぎの田園都市・綾部

  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 市へのメール
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
文字サイズ
拡大
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > コラム「善聞語録」 > Fの壁―善聞語録61(広報3月号掲載)

ここから本文です。

更新日:2015年3月25日

Fの壁―善聞語録61(広報3月号掲載)

Fとはギターコードの一つで、人差し指で6本の弦を一度に押える技法で奏(かな)でる和音。ギター経験のある人なら誰しも最初に経験する難関で、この段階で挫折する初心者も多い。ゴルフで例えるなら100のスコアの壁か―。何事にも節目となる難関があるが、逆にこの壁を突破した先には、それまでと異なる景色も開けてくる。

2月に入って市長就任6年目、そして齢(よわい)57歳になった。数字上は中途半端な区切りだが、自分の中では今までと異なる何かを感じている。微妙な変化としか表現できないのだが、地に足が着いた感覚というか、自らの言葉で語れる場面が増えたというか―。あえて例えるなら、ギターでFコードの和音が初めて響いた瞬間の感覚に似ているのである。

Fを難なく奏でることが可能になると、弾けるレパートリーの数も格段に増える。多くの曲にFコードが含まれているためだが、それが手伝って練習にも熱が入るから更に上達が加速する。想い返すにゴルフも100のスコアを切ったころが一番楽しく、そして熱心であった。

しかしながらFの次には新たにB♭(フラット)という壁が立ちはだかる。ゴルフにも100の次は90というハードなステップが待ち受けている。政治の世界も「一寸先は闇」と称されるように、決して甘いものではないことは十分に承知しているつもりだ。

山崎善也(綾部市長)

お問い合わせ

企画財政部秘書広報課

京都府綾部市若竹町8番地の1

電話番号:0773-42-4205(直通)

ファクス:0773-42-4905

Eメール:hisyokoho@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?