住んでよかった… ゆったりやすらぎの田園都市・綾部

  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 市へのメール
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
文字サイズ
拡大
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > コラム「善聞語録」 > 帰去来―善聞語録60(広報2月号掲載)

ここから本文です。

更新日:2015年2月24日

帰去来―善聞語録60(広報2月号掲載)

「帰りなんいざ、田園まさに荒れなんとす、なんぞ帰らざる」―。中国南北朝時代の詩人、陶淵明(とうえんめい)の代表作『帰去来(ききょらい)の辞』は、本文冒頭でこう詠(うた)う。すなわち、「故郷に帰ろう、田畑が荒れているのにどうして帰らないか」と、自ら官途を辞して帰郷する決意を高らかに披露している。

現政権においては「地方創生」の掛け声により多額の予算が計上されようとしているが、まちづくりの原動力となるのはやはり、お金ではなく、「人」であり「志」である。そしてその心を育てるのは、家庭や学校、地域での教育にあると考える。宮沢賢治は花巻農業高校の教師時代、上京して進学を希望する生徒に対し「君は優秀だからこそ故郷に戻りなさい」と諭(さと)したという。こんな進路指導が現代においてできるだろうか。ただ、都市住民の田園回帰は確実に起きており、その志向が若い世代にもシフトしているのは心強い。

市長就任当初から継続している「市長のふるさと講座」が今年も始まった。市内の中学校を回り、卒業間近の3年生に直接、本市の魅力や課題を語りかけている。どれだけ生徒の心に響いているか知る由もないが、故郷は裏切らないと力説している。

そういえば、プロ野球の黒田投手が20億円とも言われる大リーグの年棒を蹴って、彼にとって故郷である広島カープに復帰すると報じられていた。その決断に賛否はあろうが、お金以外に価値を見出す流儀があるのもまた然(しか)り―。「帰去来」の志に、地方創生の原点はある。

山崎善也(綾部市長)

お問い合わせ

企画財政部秘書広報課

京都府綾部市若竹町8番地の1

電話番号:0773-42-4205(直通)

ファクス:0773-42-4905

Eメール:hisyokoho@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?