住んでよかった… ゆったりやすらぎの田園都市・綾部

  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 市へのメール
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
文字サイズ
拡大
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > コラム「善聞語録」 > 綾部創生―善聞語録59(広報1月号掲載)

ここから本文です。

更新日:2015年1月21日

綾部創生―善聞語録59(広報1月号掲載)

市長写真新年あけましておめでとうございます。本年が皆様にとって幸多き年になることを願っております。

さて師走の総選挙も終わり、第三次安倍内閣がスタートしました。アベノミクスと称して長引くデフレからの脱却が謳(うた)われましたが、今次のキーワードは「地方創生」です。大胆な金融緩和という“劇薬”を使って為替市場を動かしたことで、グローバルな大企業は復活の兆しが見え始めました。しかしその一方で、クスリの副作用として地方経済や中小企業は円安で原材料高などに苦しんでいます。本市においても工業団地などに立地する大企業と地元企業とでは業績に差が表れています。

経済のグローバル化が進展する中で、従来の様に「大企業→中小企業→地方経済」と順番にお金が流れるというモデルは機能せず、都市と地方とでは別の世界として資本が回る時代になったと言われています。都会に本拠を置く大企業がいくら儲かっても、綾部の小売店のお客が増える訳ではありません。だからこそ地方創生への期待は大きいものがあります。本市の人口減少に歯止めをかけることにより地方の需要を喚起することが、持続的な地域経済の発展を促します。待望の京都縦貫自動車道の完成を数か月後に控え、本市に吹き始めた“良い風”を「綾部創生」につなげていくために、智慧(ちえ)と工夫を凝らすことを新たに決意し、私の年頭の抱負といたします。本年もよろしくお願い申し上げます。

山崎善也(綾部市長)

お問い合わせ

企画財政部秘書広報課

京都府綾部市若竹町8番地の1

電話番号:0773-42-4205(直通)

ファクス:0773-42-4905

Eメール:hisyokoho@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?