住んでよかった… ゆったりやすらぎの田園都市・綾部

  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 市へのメール
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
文字サイズ
拡大
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > コラム「善聞語録」 > 続・水飲まぬ馬―善聞語録48(広報2月号掲載)

ここから本文です。

更新日:2014年2月20日

続・水飲まぬ馬―善聞語録48(広報2月号掲載)

2期目が始動。この機会に過去4年間の本コラムを読み返してみた。就任早々の決意を意気揚々と謳(うた)い上げたものや、行政という世界の縦割りや前例主義に不満を述べているもの。相次ぐ企業の撤退や工場閉鎖に不安を募らせる一方で、昔の恩師との再会を喜んでいるもの。また台風や大雪などの災害に見舞われ、その危機管理の責任と重さに懸命に耐えようとしているもの、等々一つ一つのコラムに時々の社会現象や想いが頭を過(よぎ)った。

そして、しばし回顧の後に私なりに得た確信は、本市には先人が幾多の苦難を乗り越え、自然や歴史、伝統など素晴らしい“綾部の幸”を数多く守り遺(のこ)していただいていること。一方で、高速道路網など社会インフラの整備が進展する中、これらの“幸”を更に発展させるチャンスが間近に迫っていること。そしていち早く複数の企業が本市への進出を決めたり、観光振興などの良い風が吹き始めていることである。

4年前の本コラム第1号の題は「水飲まぬ馬」―。中国の故事で、人は馬を水辺に連れて行けるが水を飲ませることはできない、それを決断するのは馬だけであるという話だ。5年前に東京からふるさとにUターンし、覚悟を決めて一歩踏み出した。本市を取り巻く状況は課題山積だが、どんな嵐にあっても船の進路を決めるのは風ではなく、帆を張り舵を操る者であるはず。その舵取りに、このまちに生を受けた者として一身を捧(ささ)げることを本望と思い、初心を忘れることなく2期目に臨む覚悟である。

山崎善也(綾部市長)

お問い合わせ

企画財政部秘書広報課

京都府綾部市若竹町8番地の1

電話番号:0773-42-4205(直通)

ファクス:0773-42-4905

Eメール:hisyokoho@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?