住んでよかった… ゆったりやすらぎの田園都市・綾部

  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 市へのメール
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
文字サイズ
拡大
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > コラム「善聞語録」 > 緊張の長い夜―善聞語録44(広報10月号掲載)

ここから本文です。

更新日:2013年10月22日

緊張の長い夜―善聞語録44(広報10月号掲載)

綾部市長山崎善也

9月15日午後7時15分、台風18号による大雨警報を受けて災害警戒本部を設置。長い緊張の夜の始まりだった―。

雨が降り止まず由良川の水位が上昇、警戒本部を対策本部に切り替え、全職員を招集し任務に就かせる。10分ごとに伝えられる由良川水位は、夜半には危険水位の6メートルに迫る。1時45分に「避難準備情報」を発表、深夜の街中に静寂を破るサイレンが鳴り響く。同時に携帯電話やFMいかる、オフト―クでも発信。併せて避難所を開設する。

道路冠水や浸水情報が次次に報告される。道路封鎖や避難所までの安全確保などを指示。3時過ぎには水位がついに、台風23号の時の最高水位6メートル88センチを上回る7メートルを超えて未経験の領域に。3時50分に「避難指示」を決断、再度サイレンがけたたましく鳴る。水位は止まらず7メートル47センチ。堤防は8メートル12センチで越水する設計だ。このままでは綾部市全域が水浸しに…そんな悪夢が頭をよぎる。

大野ダムの管理者に放流抑制を要請。土砂崩れや堤防の損壊情報、避難所の様子などの緊迫した報告が相次ぐ。人手が足りない部署には増員補強。4時半には避難指示の対象を追加し2730世帯、6250人に及ぶ。5時5分に気象庁より「特別警報」の連絡。改めて事態の深刻さを認識する。闇が白むころになって、やっと水位が下がり始め、一瞬胸を撫で下ろす。

緊張の長い夜は明けた。が、それはまた、気を引締め直して立ち向かう復旧対応の始まりだった―。

山崎善也(綾部市長)

お問い合わせ

企画財政部秘書広報課

京都府綾部市若竹町8番地の1

電話番号:0773-42-4205(直通)

ファクス:0773-42-4905

Eメール:hisyokoho@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?