住んでよかった… ゆったりやすらぎの田園都市・綾部

  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 市へのメール
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
文字サイズ
拡大
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > コラム「善聞語録」 > こんな嬉しいことはない!―善聞語録32(広報10月号掲載)

ここから本文です。

更新日:2012年11月1日

こんな嬉しいことはない!―善聞語録32(広報10月号掲載)

綾部市長山崎善也

今年も各地で敬老祝賀会が開催された。その一つ、物部地区敬老会に出席した際、祝米寿の赤座布団を贈呈した代表の方が、なんと私の小学校時代の担任の先生であった。偶然なのか幹事の方の計らいなのかは分からないが、万感の想いで手渡した。「先生、おめでとうございます!」「ありがとう、こんな嬉しいことはない!」と笑顔満面で先生が返された。と同時に記憶は一瞬にして45年前にタイムスリップし、懐かしい木造校舎の2階にあった綾部小学校の教室が脳裏に広がった。当時、まさか私が市長として先生に赤座布団を手渡すことなど思いもしなかった。さほど手を煩わせる生徒でもなかったが、決して模範生でもなく強く印象に残る生徒でもなかったと思う。誠に巡る因果の不思議とはよく言ったものだ。

改めて我が身はこの綾部で生まれ、18歳の春までこの地で多くの方の手で育ててもらったことに感謝する。不思議なもので子供の頃に身に付けたことは今になっても決して忘れることはない。推理小説や偉人の伝記などの一節、ハーモニカや太鼓のリズム感、算盤(そろばん)や習字の基本、水泳、野球や卓球…などなど。今の私の基礎知識や体力、そして人格形成の礎の多くは、子供の頃の体験の積み重ねで成り立っていると言っても過言でない。そしてその多くを様々な局面でご指導をいただいた恩師の長寿をともに祝うことができた。私も心の中で叫んでいた…。「こんな嬉しいことはない!」と。

 

綾部市長山崎善也

お問い合わせ

企画財政部秘書広報課

京都府綾部市若竹町8番地の1

電話番号:0773-42-4205(直通)

ファクス:0773-42-4905

Eメール:hisyokoho@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?