住んでよかった… ゆったりやすらぎの田園都市・綾部

  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 市へのメール
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
文字サイズ
拡大
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > コラム「善聞語録」 > ゆく夏に想う…―善聞語録31(広報9月号掲載)

ここから本文です。

更新日:2012年11月1日

ゆく夏に想う…―善聞語録31(広報9月号掲載)

夏の終わりを告げるもの…カナカナと鳴く蜩(ひぐらし)に秋の気配を運ぶ赤とんぼ、そして田には頭(こうべ)を垂れる実った稲穂。猛烈に暑かった今年の夏も、いざ終わるとなると一抹の寂しさを感じるものだ。原発の再稼動に国論が揺れ、節電を案じ、オリンピックに一喜一憂したのも随分前のことのように思えるのは私だけか。また集中豪雨が各地を襲い大きな被害を出す中、穏やかにこの夏を過ごすことのできた丹波の地に、改めて感謝の気持ちが募る。

一方、国政は穏やかでない。解散総選挙や近隣諸国との領土問題など国内外の話題に事欠かない。穏やかなこの地とのギャップに戸惑いながらも、市内外にアンテナを張り、どんな政権にあっても市政を正しく導いていく戦略に知恵と工夫を凝らす。政局が混迷すればするほど、市民の負託に応える方策を覚悟をもって探ることが必要と考える。

不確実な世において予(あらかじ)め定められた道はないにしても、行くべき先は変わらない。その先とは、市民の命と財産を守ること、そして綾部市民の福祉の拡充を図ること。そのために市民の安全安心の確保、そして地域振興と定住交流促進、更には情報発信をトップセールスで行うべきと心得る。市長就任以降3年目の夏の終わりに、改めて私の決意を申し述べ、市民の皆様への残暑お見舞いとさせていただきたい。

 

山崎善也(綾部市長)

お問い合わせ

企画財政部秘書広報課

京都府綾部市若竹町8番地の1

電話番号:0773-42-4205(直通)

ファクス:0773-42-4905

Eメール:hisyokoho@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?