住んでよかった… ゆったりやすらぎの田園都市・綾部

  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 市へのメール
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
文字サイズ
拡大
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > コラム「善聞語録」 > 将棋とチェス―善聞語録30(広報8月号掲載)

ここから本文です。

更新日:2012年11月1日

将棋とチェス―善聞語録30(広報8月号掲載)

将棋とチェス。一見、似ているがその謂(い)われやルールは異なる。例えば将棋はチェスと違って、奪った相手方の駒を味方として活用できる。この差を単にルールの違いと割り切るか、あるいは洋の東西、すなわち農耕民族と狩猟民族の差異にまで想いを巡らせるか。

農耕民族は古(いにしえ)から共同で田畑を耕し、時には力を合わせて嵐に立ち向かい、秋には皆で収穫を祝う。“和”の精神をもって“赦(ゆる)す”文化がこの共同体を支えてきた。一方、狩猟民族は自らの狩場を他人に教えようものなら、自らの家族を飢え死にさせることにさえつながる。ここに、生存のために徹底した個人主義を貫く必然性が生まれる。

敵をも赦(ゆる)す文化と、冷徹に突き放す文化。もちろん徒(いたずら)に闘いを望む者などいない。争いとは敗者を生み、多くを奪う。そしてそこから生まれるのは憎悪の念。だから憎しみを生じる闘争そのものを無くさねばならない。ならばどうする―。

即効薬はないが、やはり“和”を壊さない手段をひたすら追求するしかなかろう。衣食住の安定とともに、人の心の和、家族の和、地域社会の和、自然との和、そして故郷の歴史と文化への自己の帰属意識に拠(よ)って立つ和が欠かせないと考える。物言わぬ将棋の駒が伝える“和”の精神でもって、敵をも味方にする伝承の価値観を誇りに、それをもって綾部のまちづくりに邁進(まいしん)したいものだ。

 

 

山崎善也(綾部市長)

 

お問い合わせ

企画財政部秘書広報課

京都府綾部市若竹町8番地の1

電話番号:0773-42-4205(直通)

ファクス:0773-42-4905

Eメール:hisyokoho@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?