住んでよかった… ゆったりやすらぎの田園都市・綾部

  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 市へのメール
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
文字サイズ
拡大
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > コラム「善聞語録」 > 春の歓(よろこ)び!―善聞語録26(広報4月号掲載)

ここから本文です。

更新日:2012年5月18日

春の歓(よろこ)び!―善聞語録26(広報4月号掲載)

綾部市長山崎善也やっと春到来! 長く寒い冬を経て、とりわけ待ち遠しい今年の春であった。穏やかな陽射しを浴びて町中の花は咲き始め、周囲の山々では木々がいっせいに芽を吹く。陽気に誘われて由良川の堤を歩けば、川を渡る風は頬に優しく心地よい。まさに山紫水明、自然豊かな綾部ならではの里山の春爛漫(らんまん)である。そして名実ともに新年度がスタートした。

新たな予算と人事による平成24年度の始まり。予算とそれを執行する体制は、車の両輪の如(ごと)く一体になって初めて機能し十分な力を発揮する。市長就任3年目、地に足が着いてきた感覚をもって予算と人事案を3月定例市議会に提案し、承認を得た。これからは粛々とその実行にまい進するのみである。

現在・過去・未来…市長就任以来2年間で綾部市が直面する課題をおおむね洗い出すことができた。また過去の積み残しの整理整頓にも一定のめどが立つとともに、将来に向かって進むべき方向も見えてきたところだ。大切なことはこれら山積する課題をどのように、そして、いかなる優先順位で解決していくかである。

ローマは一日にして成らず―。されど直面する状況は厳しく深刻であることに鑑みれば、徒(いたずら)に時を費やすことは許されない。春の歓びの中で体中の元気の源アドレナリンが噴出する季節だが、1年を通してはそうもいくまい。引き続き皆さんからの叱咤(しった)激励をよろしくお願いしたい。

 

綾部市長山崎善也

お問い合わせ

企画財政部秘書広報課

京都府綾部市若竹町8番地の1

電話番号:0773-42-4205(直通)

ファクス:0773-42-4905

Eメール:hisyokoho@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?