住んでよかった… ゆったりやすらぎの田園都市・綾部

  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 市へのメール
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
文字サイズ
拡大
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > あやべ今昔・人(ひと)物語 > あやべ今昔・人(ひと)物語(ジャンル別) > 親子2代でアンネのバラ育成・山室隆一(やまむろりゅういち)

ここから本文です。

更新日:2012年12月3日

親子2代でアンネのバラ育成・山室隆一(やまむろりゅういち)

プロフィール

山室隆一さん1明治41(1908)年生まれ。綾部市高槻町出身。

朝鮮総督府、長野県などで農事試験場の技手として桑の研究に従事。

昭和18(1943)年、郷里高槻町に帰り、生物の教諭として高等学校に勤務する。

定年退職後は農業の傍ら、趣味の盆栽づくりを楽しみとした。

日本の合唱団とオットー・フランク氏(『アンネの日記』の著者、アンネ・フランクの父)との奇跡的な出会いが縁となり、昭和51(1976)年、同氏から贈られたアンネのバラの増殖を託され、接ぎ木で増やしてきた。

このバラによってアンネの平和への願いを伝えることを使命と信じ、亡くなるまでの10年間に、5,000本の苗木を全国の平和を願う人たちに送り続けた。

全(すべ)ての中学校にアンネのバラを贈り、アンネの日記を学んでいる中学生に平和を訴えようと計画し、その一歩として中丹地域(綾部・福知山・舞鶴)20余校の中学校に贈り届けた。

昭和61(1986)年、逝去。アンネのバラの育成を息子・建治さんに引き継ぐ。

ふるさと綾部へのエール(一言コメント)

山室隆一さん2高槻を活性化しようと、仲間たちと花卉園芸組合を組織し、盆栽の作成・展示。販売に精力的に取り組んでいました。

年1回、盆栽展を公民館前広場で企画した時には、地域の内外から多くの人が訪れました。

アンネの平和への願いを綾部に根付かせるために、昭和56(1981)年、藤山山頂にアンネのバラを植樹しました。(三男・建治さん)

お問い合わせ

企画財政部秘書広報課

京都府綾部市若竹町8番地の1

電話番号:0773-42-4205(直通)

ファクス:0773-42-4905

Eメール:hisyokoho@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?