住んでよかった… ゆったりやすらぎの田園都市・綾部

  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 市へのメール
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
文字サイズ
拡大
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 介護保険 > 要支援2・1の方が利用できるサービス

ここから本文です。

更新日:2017年4月14日

要支援2・1の方が利用できるサービス

在宅サービス

(1)訪問入浴介護

家に浴室がない場合や、感染症などで浴室の利用が難しい場合に入浴サービスが利用できます。

(2)訪問リハビリテーション

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士が家を訪問しリハビリをします。

(3)居宅療養管理指導

医師、歯科医師、薬剤師、管理栄養士などが家を訪問し、介護予防を目的とした療養上の管理や指導をします。

(4)訪問看護

看護師が家を訪問し、介護予防を目的とした療養上の世話や診療の補助をします。

(5)通所リハビリテーション(デイケア)

老人保健施設や医療機関などで、食事などの生活支援や生活行為向上のための支援、リハビリ、目標に合わせた選択的サービス(※)を日帰りで利用できます。

(6)特定施設入居者生活介護

有料老人ホームなどに入居している方に、介護予防を目的とした日常生活の支援を提供します。

(7)短期入所生活介護(ショートステイ)

福祉施設に短期間入所して、日常生活の支援や機能訓練などが受けられます。

(8)短期入所療養介護(医療型ショートステイ)

老人保健施設などに短期間入所して、介護予防を目的とした医療上のケアを含む日常生活の支援や機能訓練、医師の診察などが受けられます。

(※)綾部市介護予防・日常生活支援総合事業への移行

訪問介護(ホームヘルプ)、通所介護(デイサービス)は平成28年4月1日から綾部市介護予防・日常生活支援総合事業として、要支援2、1および事業対象者を対象にサービスが提供されます。

地域密着型サービス

(1)小規模多機能型居宅介護

通所を中心に、利用者の希望に応じて、訪問や泊りのサービスを組み合わせたサービスを受けられます。

(2)認知症対応型通所介護

認知症高齢者の方が、食事や入浴、専門的なケアを日帰りで受けられます。

(3)認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

認知症高齢者の方が、共同生活をする住宅でスタッフから食事・入浴などの支援や、機能訓練を受けられます。

(3)は要支援1の人は利用できません。

福祉用具貸与

日常生活の自立を助けるための福祉用具を、1割(一定以上所得者は平成27年8月から2割)の自己負担でレンタルできるサービスです。

レンタルできる品目

(1)手すり(工事を伴わないもの)(2)スロープ(工事を伴わないもの)(3)歩行器(4)歩行補助つえ

福祉用具購入

対象の福祉用具を指定された事業者から購入したとき、購入費の9割(一定以上所得者は平成27年8月から8割)が支給されます。

費用は一度全額お支払いただき、その領収書等を添えて申請すると、同年度(4月1日~翌年3月31日)で10万円を上限に費用の9割(一定以上所得者は平成27年8月から8割)が支給されます。

対象の福祉用具

(1)腰掛便座(2)自動排泄処理装置の交換可能部品(3)入浴補助用具(4)簡易浴槽(5)移動用リフトのつり具

対象の事業者

(1)イン・ザ・ルーム綾部店(2)ケアショップ赤尾(3)石坪綾部店(4)スマイル・サポート

住宅改修

手すりの取り付けや段差解消などの住宅改修をしたとき、20万円(うち自己負担1割。ただし、一定以上所得者は平成27年8月から自己負担2割)を上限に費用が支給されます。

介護サービスを利用するには

要介護の認定および担当のケアマネジャーを決定していただくことが必要です。

 

詳しくは、市役所高齢者支援課までお問い合わせください。

お問い合わせ

福祉保健部高齢者支援課

京都府綾部市若竹町8番地の1

電話番号:0773-42-4261(直通)

内線:394・395

ファクス:0773-42-0048

Eメール:koreisyasien@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?