住んでよかった… ゆったりやすらぎの田園都市・綾部

  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 市へのメール
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
文字サイズ
拡大
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

ホーム > 綾部市議会 > 議会の概要 > 議会の概要

ここから本文です。

更新日:2016年8月22日

議会の概要

市政と市議会

私たちの住む綾部市を、より住みよい地域社会にするためには、みんなで話し合い、それを実行していかなければなりません。

しかし、市民のすべてが集まって話し合うわけにはいきません。

そこで、選挙により選ばれた市民の代表者が話し合います。これを議会制民主主義といいます。

市議会は市民の代表である議員で構成され、市民全体の幸福のため、どんな仕事をしたらよいかを話し合い、決定する任務を持っており、これを市の意志決定機関、または議決機関といいます。

一方、市議会で決定したことを具体的に実行していくのは、市長、教育委員会、選挙管理委員会などであり、これを執行機関といいます。

この議決機関である議会と執行機関である市長が、お互いに対等の立場から均衡とけん制を保つことにより、市政が公正に運営されています。

市議会のしくみ

定数

議員の定数は、条例で18人と定めています。

なお、議員の任期は4年で、現在の議員の任期は、平成26年9月1日から平成30年8月31日までとなっています。

議長・副議長

議長と副議長は、議員の中から選挙で選ばれます。

議長は、議会を代表する立場にあり、議場の秩序を保ち、議事を整理するなど重要な役割を果たしています。

副議長は、議長に事故があるとき、また、議長が欠けたときに議長の職務を行います。

会派

市政について同じ考えや意見をもっている議員が集まって、それぞれグループをつくっています。これを会派といいます。

本会議

本会議では議案などを審議し、議会の最終的意志を決定する最も重要な会議です。

なお、定例会では議案審議のほか、市政全般に対する質問が行われ、活発な論戦が展開されています。

委員会

議案などは最終的には本会議で決められますが、効果的、専門的に審査するため、いくつかの委員会を設けています。委員会には、常任委員会、議会運営委員会、特別委員会があります。

市議会の運営

議会はいつも開かれているわけではなく、定例または臨時に一定期間だけ開かれます。定期的に開かれる会議を定例会、必要に応じて開かれる会議を臨時会といいます。

本市では定例会が1年4回、3月・6月・9月・12月にそれぞれ開かれています。

市議会の招集の権限は市長にありますが、議員定数の4分の1以上の議員から請求があれば、市長は臨時会を招集しなければなりません。また会期(開会から閉会までの期間)については、議会の権限で自主的に決定しています。

この会期中には、おおむね次の順序で議案、請願などの審査が進められます。

本会議

第1日目

  • 開会
  • 会期の決定
  • 議案の上程
  • 提案説明

第2日目

  • 一般質問

第3日目

  • 一般質問

第4日目

  • 一般質問
  • 委員会付託

常任・特別委員会(本会議は休会)

  • 理事者説明
  • 質疑
  • 討論
  • 採決

本会議

第5日目

  • 委員会報告
  • 質疑
  • 討論
  • 採決
  • 閉会


お問い合わせ

議会事務局

京都府綾部市若竹町8番地の1

電話番号:0773-42-4305(直通)

ファクス:0773-42-1259

Eメール:gikaijimukyoku@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?