ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    ヒートショックにご注意ください

    ヒートショックとは、暖かい部屋から寒い部屋への移動など、急な温度変化により血圧が大きく変動することで血管や心臓に大きな負担がかかり、失神をしたり、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こしたりすることです。

    入浴中の事故死はヒートショックの起きやすい冬季に発生しやすく、注意が必要です。

    厚生労働省の「人口動態調査」によると、高齢者の「不慮の溺死及び溺水」による死亡者数は高い水準で推移しており、近年では「交通事故」による死亡者数よりも多くなっています。


    入浴時は特に要注意

    入浴動作による血圧の変動

    暖かい居室から、気温の低い脱衣所・浴室内に入ることで血管が収縮し、血圧が上がります。

    その後熱いお湯に浸かることで更に血圧が上昇した後、しばらくお湯に浸かって身体が温まると血管が広がり、血圧は下がります。

    また、浴槽から立ち上がる際に水圧がかからなくなることでも、血圧が下がります。

    このように入浴中は急激な血圧の変動が繰り返されるため、ヒートショックが発生するリスクが高まると言われています。

    ヒートショック予防のポイント

    • シャワーや湯舟からの湯気、暖房器具の活用などで脱衣所・浴室内を暖める。
    • お風呂の温度は41℃以下にする。
    • 湯舟に浸かる時間は10分程度にする。
    • 冷え込む前の午後2時から4時の間に入浴をする。
    • 浴槽から立ち上がる際は、手すりや浴槽のふちなどで身体を支え、ゆっくりと立ち上がる。
    • 同居者に入浴前後の声掛けをする。

    お風呂以外にも危険がいっぱい

    冬季は廊下やトイレなど、気温が下がりやすい場所が多いです。

    また、トイレでいきみすぎると心臓の負担が高くなるため、注意が必要です。

    寒暖差により血圧は大きく変動するため、家屋内の気温差を少なくしたり、暖房便座を活用するなどを心掛けましょう。

    ヒートショック予報の活用

    ヒートショック予報は、気象予測情報にもとづく家の中でのヒートショックのリスクの目安です。

    入浴前に是非チェックしてみてください。

    ヒートショック予報(綾部市)(別ウインドウで開く)

    参考資料

    お問い合わせ

    綾部市福祉保健部保健推進課保健推進担当

    住所: 京都府綾部市青野町東馬場下15-6

    電話: 0773-42-0111

    ファクス: 0773-42-5488

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム

    • [初版公開日:]
    • [更新日:]
    • ID:4346

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます