将来都市像

閉じる

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 天文館パオ > イベント情報(休館日・観望会・各種イベント) > おうちで簡単おもちゃ工作【作って遊ぼう!】 > 作って遊ぼう!【ころころカエル】

ここから本文です。

更新日:2020年5月10日

作って遊ぼう!【ころころカエル】

使用済みの乾電池を使って、坂をころころとすべり降りるおもちゃを作ります。

 

準備するもの

(1)画用紙(なれけば、コピー用紙などでも代用可能です)

(2)ぐし(12センチの長さが必要です)

(3)トロー(細めのストローがおすすめです)

(4)三乾電池(使用済みのもの)

(5)サミ

(6)ロテープ

(7)筆(サインペンやボールペンなど、筆記具ならなんでもOK!)

 

作り方

(1)用紙を縦4センチ、横10センチに切って、切りこみを入れるための目印線を書きます。

ころころカエル(1)

 

 

(2)サミで切りこみを入れて、点線の部分で折ります。

ころころカエル(2)

 

 

(3)さ2センチに切ったストローを2本用意して、画用紙の両端にセロテープで貼り付けます。

ころころカエル(3)

 

 

(4)ぐしを12センチに切り、鉛筆で3センチ5ミリと8センチ5ミリの所に印をつけてから、ストローに通します。

※竹ぐしは、とがった方を切り落としてください。
※ハサミでは、かたくて切れない場合は、ニッパーや剪定ばさみを使いましょう。


ころころカエル(4)

 

 

(5)ぐしに単三電池をセロテープで貼り付けけます。(竹ぐしの2か所の印の間に貼ります)

ころころカエル(5)

 

 

(6)用紙を縦6センチ、横5センチに切って、単三電池に巻き付けて、セロテープを貼ります。

ころころカエル(6)

 

 

(7)用紙をカエルの顔の形に切って、目や口を書いてから、本体に貼り付けて完成です!

ころころカエル(7)

 

 

(8)段や空き箱を利用して、板をひいてスロープを作り、上から転がして遊びます。

単一や単二などの大きなサイズの乾電池があれば、ころころカエルを大きなサイズで作ったり、胴体部分を作ったりもできます。(単三電池の場合は、本体が重たくなると転がりません)

カエル以外にも、ウサギやイヌ、ネコなど好みの動物で、オリジナルのころころアニマルを作ってみましょう!

ころころカエル(8-1)

 

ころころカエル(8-2)

 

お問い合わせ

教育委員会教育部社会教育課

天文館パオ(京都府綾部市里町久田21-8)

電話番号:0773-42-8080(直通)

ファクス:0773-42-7877

Eメール:tenmonkan@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?