将来都市像

閉じる

ホーム > 暮らし > 各種相談 > 遺言書の作成をお考えの方に預けて安心!自筆証書遺言書保管制度のご案内

ここから本文です。

更新日:2021年1月27日

遺言書の作成をお考えの方に預けて安心!自筆証書遺言書保管制度のご案内

遺言書の方式として、代表的なものに「公正証書遺言書」と「自筆証書遺言書」があります。公正証書遺言書は、公証役場で公証人の関与のもと、2名以上の証人が立ち会い、厳格な手続きにより作成するものです。一方、自筆証書遺言書は自書さえできれば、自分一人でどこででも作成することができ、特別な費用もかからず、手軽で自由度の高いものです。しかし、自筆証書遺言書は、自宅で保管されることが多いため、紛失や亡失のおそれがあり、遺言者の死亡後は、相続人等に発見されなかったり、一部相続人や第3者による廃棄・隠匿・改ざん等の問題点が指摘されています。

令和2年7月10日から全国の法務局で開始した自筆証書遺言書保管制度は、自筆証書遺言書のメリットを損なうことなく、これまでの問題点を解消するための方策として創設されたものです。また、本制度を利用した自筆証書遺言書は、家庭裁判所における検認が不要であることも特徴の一つです。

高齢化の進展とともに、「終活」等が浸透しつつあるといわれますが、ご自身の財産をご家族等へ確実に託す方法の一つとして、遺言書の作成を検討されるにあたっては、本制度をぜひご活用ください。なお、本制度に係るすべての手続きには予約が必要です。

詳しくは法務省のホームページをご覧ください。法務省(外部サイトへリンク)

お問い合わせ先

京都地方法務局福知山支局

電話:0773-22-1293

お問い合わせ

市民環境部市民協働課

京都府綾部市若竹町8番地の1

電話番号:0773-42-4248(直通)

ファクス:0773-42-4406

Eメール:siminkyodo@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?