将来都市像

閉じる

ホーム > 暮らし > マイナンバー制度 > 通知カードの廃止について

ここから本文です。

更新日:2020年5月18日

通知カードの廃止について

令和2年5月25日(月曜日)に通知カードが廃止されます。

廃止後は、通知カードの発行、再交付、氏名や住所などの記載事項の変更手続きは行えません。記載事項に変更がある方や、再交付を希望される方は廃止前に市民・国保課窓口で手続きをしてください。

廃止後の通知カードについて

最新の氏名や住所が記載されている通知カードは、令和2年5月25日(月曜日)以降もマイナンバーを証明する書類として引き続き使用することができます。

廃止後に、転入や婚姻等で氏名や住所に変更があった場合、お持ちの通知カードは、マイナンバーを証明する書類として使用することができなくなります。

ただし、廃止後も、国外へ転出する場合やマイナンバーカードの交付を受ける場合には、通知カードは返納する必要がありますので、廃棄しないようにしてください。

廃止後のマイナンバーの通知方法

令和2年5月25日(月曜日)以降に出生などにより新たにマイナンバーが付番された方には「個人番号通知書」を送付し、マイナンバーをお知らせします。

「個人番号通知書」は、通知カードと異なり、マイナンバーを証明する書類として使用することができません。

廃止後のマイナンバーを証明する書類

  • 通知カード(最新の住所や名前が記載されているもの)
  • マイナンバーカード
  • マイナンバー記載の住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

 

お問い合わせ

市民環境部市民・国保課

京都府綾部市若竹町8番地の1

電話番号:0773-42-4245(直通)

内線:264

ファクス:0773-42-4406

Eメール:siminkokuho@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?