住んでよかった… ゆったりやすらぎの田園都市・綾部

閉じる

ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > コラム「善聞語録」 > 老年学―善聞語録98(広報4月号掲載)

ここから本文です。

更新日:2018年4月16日

老年学―善聞語録98(広報4月号掲載)

老年学とはドイツで新たに生まれた歴(れっき)とした学問で、老いることについて心理学や生物学的な見地も取り入れ、広い分野で研究がなされている。その最近の研究によると、この10年間で高齢者の身体能力は11年も若返ったと言う。僭越ながら還暦を迎えた我が身に照らしても、幼少期にイメージしていた“六十の翁(おきな)”とは心身ともに程遠いというのが正直な気持ち。

ちなみにアニメ『サザエさん』に登場する波平さんの想定年齢はいくつかご存じか?ヒントは「時代は昭和で定年は55歳」「波平さんは現役サラリーマン」-。答えは54歳!参考までにフネさんは50歳、マスオさん28歳、サザエさん24歳、タラちゃん3歳…。なるほど老年学が唱える11歳の時代の前倒しもうなずけよう。

本市の高齢者比率(65歳以上の割合)は37%。人口減少、少子化と相俟(あいま)って今後の自治体経営は課題山積だが、実は一瞬にして高齢化率を10ポイント下げる“必殺技”がある。それは高齢者の定義を10歳上げて「75歳以上」に変えてしまうこと!ちょっとズルいと誹(そし)りをうけるかもしれないが、老年学の研究成果に沿うものであり、またこれなら瞬時にして実現可能でもある。

要は統計上の規定や数字に惑わされず、実態を見極めて怯(おび)えることなく将来と対峙(たいじ)することが肝要かと。病は気からと言うが、時には楽観的に未来を眺(なが)めてみたくなるのは、春の陽気のせいだろうか・・・。

山崎善也(綾部市長)

お問い合わせ

市長公室秘書広報課

京都府綾部市若竹町8番地の1

電話番号:0773-42-3280

ファクス:0773-42-4905

Eメール:hisyokoho@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?