住んでよかった… ゆったりやすらぎの田園都市・綾部

  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 市へのメール
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
文字サイズ
拡大
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

ホーム > 市政情報 > 市長の部屋 > コラム「善聞語録」 > 限りない欲望―善聞語録110(広報4月号掲載)

ここから本文です。

更新日:2019年4月16日

限りない欲望―善聞語録110(広報4月号掲載)

先月に続いて井上陽水シリーズになり恐縮だが、今回は『限りない欲望』。これもヒットした。欲しかった白い靴が手に入ると次は青い靴に目が移り、思い求めて結ばれた彼女もすぐに見飽きたようになり、挙句は♪どうせ死ぬなら天国へ♬と曲のタイトルそのままに綴ったような詞が並ぶ。更に続けて♪流れゆくもの、それが欲望♬とも…。実に意味深だ。
私事ながら、金融の職に就いていた30代に経済の勉強と称して株式投資で資産運用していた時期がある。バブル最盛期は元手が2倍、3倍にも化けたが、その儲けを再投資したためバブル崩壊とともに結局はすべて泡と消えた。せめて元手資金だけでも定期預金にしておけば、とセコく悔やんだものだが、一瞬でも欲に眼が眩んだのも事実。「欲は海水やで、飲めば飲むほどノドが渇くもんや!」と『ナニワ金融道』(サラ金業者を描いた漫画)に出てくる欲の権化のような経営者の吐いた台詞が身に染みる。
お金は何かを実現する手段であっても、目的にはなり得ない。人間の欲求の階層を主張した米国の心理学者アブラハム・マズローによると、最も根源的な生理的欲求から安全安心、愛情、出世…と順に現れ、ある程度満たされると次の段階が生まれる欲望は決して悪ではないという。さて、その最上階に位置付けられる「自己実現」が叶うまで、欲は自ずと”流れゆく”のであろうか。さすがに陽水もそこまでは語ってくれない。

山崎善也(綾部市長)

お問い合わせ

市長公室秘書広報課

京都府綾部市若竹町8番地の1

電話番号:0773-42-3280

ファクス:0773-42-4905

Eメール:hisyokoho@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?