将来都市像

閉じる

ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 予防接種 > 子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)積極的勧奨が再開されました

ここから本文です。

更新日:2022年4月15日

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)積極的勧奨が再開されました

子宮頸がんの原因を予防するヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの予防接種について、厚生労働省の勧告に基づき、平成25年6月から積極的な接種勧奨が差し控えられていましたが、国の審議会において、安全性に特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを上回ると認められたことから、積極的な勧奨を再開することが決定しました。

本市においても、国の通知に基づき、令和4年度より積極的勧奨の再開及び救済措置(キャッチアップ接種)を開始いたします。ワクチンの効能や副反応等について十分にご理解をいただいた上で接種をしてください。

ヒトパピローマウイルス感染症~子宮頸がん(子宮けいがん)とHPVワクチン~(外部サイトへリンク)

HPVワクチンに関するQ&A(外部サイトへリンク)

子宮頸がん予防ワクチン定期接種について

対象者とその保護者で下記のお知らせをお読みになり、ワクチンの効果とリスクについてご理解いただいた上で接種をしてください。

(概要版)小学校6年から高校1年相当の女の子と保護者の方へ大切なお知らせ(PDF:3,138KB)

(詳細版)小学校6年から高校1年相当の女の子と保護者の方へ大切なお知らせ(PDF:6,517KB)

定期接種対象者

平成18年4月2日~平成22年4月1日生まれの女子(中学1年生~高校1年生相当の女子)

接種期間

16歳となる日の属する年度の末日まで

接種するワクチン

定期接種として認められているワクチンは、2価ワクチン(サーバリックス)、4価ワクチン(ガーダシル)の2種類があり、同じ種類のワクチンを接種します。そのため接種を中断している人も原則、1回目と同じ種類のワクチンを接種することになります。

※9価ワクチン(シルガード)は定期接種として認められていません。任意接種(全額実費)となります。

ワクチン名 対象となるHPVのタイプ 接種回数 備考

2価ワクチン

(サーバリックス)

16型、18型

(主に子宮頸がんの原因)

3回

接種方法は筋肉内注射。

接種間隔は1月以上の間隔をおいて

2回接種後、1回目接種から6月以上

の間隔をおいて1回接種。

4価ワクチン

(ガーダシル)

16型、18型

(主に子宮頸がんの原因)

6型、11型

(主に尖圭コンジローマの原因)

3回

接種方法は筋肉内注射。

接種間隔は2月以上の間隔をおいて

2回接種後、1回目接種から6月以上

の間隔をおいて1回接種。

※標準的には13歳となる日の属する年度の初日から当該年度の末日までの間に3回接種することをお勧めします。

※新型コロナワクチン接種の前後2週間は他の予防接種は受けられません。

子宮頸がん予防ワクチン救済措置(キャッチアップ接種)について

積極的な接種勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方は、公平な接種機会を確保する観点から、子宮頸がん予防接種(3回接種)の不足回数分について、あらためて公費による予防接種(キャッチアップ接種)を受けることができます。

平成9年度生まれ~平成17年度生まれまでの女性へ大切なお知らせ(PDF:3,378KB)

定期接種対象者

下記、いずれにも該当する方

(1)平成平成9年4月2日~平成18年4月1日生まれの女子で、過去に子宮頸がん予防ワクチンの規定接種回数(3回)を終えていない未接種者・接種中断者

(2)接種時に綾部市に住民登録がある人

※救済措置の実施期間中に定期接種の対象から新たに外れる世代についても順次救済措置の対象となります。

平成18年度生まれの方は、令和5年4月1日~令和7年3月31日までの2年間

平成19年度生まれの方は、令和6年4月1日~令和7年3月31日までの1年間

救済期間

令和4年4月1日~令和7年3月31日までの3年間

接種するワクチン

定期接種として認められているワクチンは、2価ワクチン(サーバリックス)、4価ワクチン(ガーダシル)の2種類があり、同じ種類のワクチンを接種します。そのため接種を中断している人も原則、1回目と同じ種類のワクチンを接種することになります。

※9価ワクチン(シルガード)は定期接種として認められていません。任意接種(全額実費)となります。

ワクチン名 対象となるHPVのタイプ 接種回数 備考

2価ワクチン

(サーバリックス)

16型、18型

(主に子宮頸がんの原因)

1~3回

(不足回数分)

接種方法は筋肉内注射。

接種間隔は下記のとおり。

1.今回の接種が初めての方

定期接種と同様。

2.過去に1~2回の接種歴がある方
初回からやり直すことなく残りの

回数を接種(2-3回目又は3回目)

してください。

4価ワクチン

(ガーダシル)

16型、18型

(主に子宮頸がんの原因)

6型、11型

(主に尖圭コンジローマの原因)

1~3回

(不足回数分)

接種間隔は下記のとおり。

1.今回の接種が初めての方

定期接種と同様。

2.過去に1~2回の接種歴がある方
初回からやり直すことなく残りの

回数を接種(2-3回目又は3回目)

してください。

※新型コロナワクチン接種の前後2週間は他の予防接種は受けられません。

ワクチンを受けた後の注意点・副反応など

ワクチンを受けたあとは体調に変化がないか十分に注意してください。

HPVワクチンを受けたお子様と保護者の方へ(PDF:1,620KB)


【ワクチン接種後の主な副反応】

頻度 2価ワクチン(サーバリックス) 4価ワクチン(ガーダシル)
50%以上 注射部位の痛み・赤み・腫れ、疲労感 注射部位の痛み
10~50%未満 かゆみ、腹痛、筋痛・関節痛、頭痛など 注射部位の赤み・腫れ
1~10%未満 じんましん、めまい、発熱など 注射部位のかゆみ・出血・不快感、頭痛、発熱
1%未満

注射部位の知覚異常、しびれ感、

全身の脱力

注射部位のしこり、四肢痛、筋骨格硬直、腹痛・下痢
頻度不明 四肢痛、失神、リンパ節症など 疲労・倦怠感、失神、筋痛・関節痛、嘔吐など

そのほか、2013年3月までの報告のうちワクチンとの関係が否定できないとされた中には、重い症状(アナフィラキシー※1、ギラン・バレー症候群※2、急性散在性脳脊髄炎※3、複合性局所疼痛症候群※4)があります。報告頻度は接種約96万~860万回接種に1回です。

※1:呼吸困難やじんましん等を症状とする重いアレルギー

※2:両手・足の力の入りにくさなどを症状とする末端神経の病気

※3:頭痛、嘔吐、意識低下などを症状とする脳などの神経の病気

※4:外傷ときっかけとして慢性の痛みを生ずる原因不明の病気

接種後に、健康に異常があるとき

HPVワクチンの接種後に生じた症状については、より身近な地域において患者さんに適切な診療を提供するため、各都道府県において協力医療機関が選定されています。ワクチン接種後に気になる症状が出たときは、まずは接種を受けた医師やかかりつけの医師など地域の医療機関を受診してください。その際、必要に応じて、協力医療機関の受診について相談してください。

子宮頸がんの早期発見・早期治療のために子宮がん検診が大切です

子宮頸がん検診(※1)は死亡率を減少させることが科学的に証明された有効な検診です。20歳を過ぎたら、2年に一度は子宮頸がん検診を受けましょう。検診により子宮頸がんを早期発見することができれば、子宮の部分切除等の早期治療により、がんによる死亡を防ぐことができます。

※1:まれに、がんでないのに、要精密検査と判定される場合やがんがあるのに見つけられない場合があります。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部保健推進課

京都府綾部市青野町東馬場下15-6

電話番号:0773-42-0111

ファクス:0773-42-5488

Eメール:hokensuisin@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?