住んでよかった… ゆったりやすらぎの田園都市・綾部

  • サイトマップ
  • 組織案内
  • 市へのメール
  • 携帯サイト
  • Foreign Language
文字サイズ
拡大
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育てネット綾部 > ひとり親家庭支援 > 児童扶養手当

ここから本文です。

更新日:2017年5月1日

児童扶養手当

ひとり親家庭の児童、または父若しくは母が国民年金法等による障害等級のほぼ1級程度の重度障害の状態にある家庭の児童の心身が健やかに成長するように、その家庭の生活の安定と自立の促進のため、児童の父若しくは母、または、父母に代わってその児童を養育している人に支給されます。(外国籍の方についても支給の対象となります。)

対象者

次のいずれかにあてはまる18歳に達する日以後最初の3月31日までの児童(中程度以上の障害がある場合は20歳未満の児童)を監護している母若しくは父、または、父母に代わって児童を養育(児童と同居し、生計を同じくしていること)している人が請求者となります。

  • 父母が婚姻を解消した児童。
  • 父または母が死亡した児童。
  • 父または母が政令で定める重度の障害の状態にある児童。
  • 父または母の生死が明らかでない児童。
  • 父または母から1年以上遺棄されている児童。
  • 父または母が法令により1年以上拘禁されている児童。
  • 母が婚姻によらないで出産した児童。

ただし、上記の場合でも、次のいずれかにあてはまるときは、手当は受給できません。

  • 父若しくは母、養育者または児童が日本に住んでいないとき。
  • 児童が里親に委託されているとき。
  • 児童が児童福祉施設(母子生活支援施設、保育所、ショートステイを除く)に入所しているとき。
  • 母子家庭の場合、手当の支給要件に該当するようになった日から起算して、平成15年4月1日時点において5年を経過しているとき(平成10年4月1日以前に支給要件に該当した方は請求できません)。

認定・支給の方法

  • 受給されるためには認定請求書などの提出が必要です。
  • 認定されると請求された月の翌月分から手当が支給されます。
  • 支払いは、8月、12月、4月の3回に分けて指定された申請者名義の口座に振り込まれます。(通常各月11日。11日が土、日、祝日にあたるときはその直前の金融機関営業日となります。)

所得制限限度額

この手当は、請求者及び生計を共にする扶養義務者の前年の所得等により支給額が決まります。

所得制限限度額については所得制限限度額表(PDF:113KB)をご覧ください。

支給額判定のため所得申告が必要です。

支給額(月額)(平成29年4月1日現在)

支給額(月額)平成29年4月1日現在
  全部支給の場合 一部支給の場合 全部停止の場合
支給対象児童1人

42,290円

42,280円~9,980円

0円

支給対象児童2人

52,280円

52,260円~14,980円

0円

支給対象児童が3人以上のときは、全部支給で5,990円が、一部支給では所得に応じて5,980円~3,000円の範囲額が、それぞれ1人増えるごとに加算されます。

  • 手当額は物価スライドにより改定される場合があります。
  • 父(母)、養育者又は児童が公的年金、遺族補償を受けることができるとき、児童が父(母)に支給される公的年金の加算対象になっているときは、年金額が児童扶養手当額より低い場合、その差額分の児童扶養手当が支給されます。

受給後の手続き

受給権の消滅事由(婚姻など)が発生した場合は、速やかに届け出をしてください。

届け出がないと返還金が発生する場合があります。

次のような場合は届けが必要となります。

  • 毎年8月以降引き続き手当を受ける資格を延長するとき(現況届)
  • 氏名・支払金融機関を変更したとき(氏名変更・支払金融機関変更届)
  • 手当を受ける資格がなくなったとき(資格喪失届)
  • 住所が変わるとき(住所変更届)
  • 養育する児童の人数が増減するとき(額改定請求書又は減額改定届)
  • 所得状況の変更届(所得の高い扶養義務者と同居・別居するようになったとき)
  • 障害状況届(有期認定期限が切れるとき)
  • 受給者又は児童が公的年金等を受けることができるようになったとき(公的年金給付等受給状況届)
  • 証書をなくしたとき(証書忘失届)
  • その他

児童扶養手当一部支給停止(減額)

児童扶養手当は法律改正により、手当を受けてから5年、または、手当の支給要件(離婚等)に該当するようになった時から7年のいずれか早い方が経過した場合、手当が減額されることとなっています。

ただし、就業しているなど適用除外事由に該当する方は、必要な書類を期限までに提出すれば、手当は減額されません。

なお、手続きをされなかった方は、児童扶養手当の2分の1が減額される可能性があります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部民生児童課

京都府綾部市若竹町8番地の1

電話番号:0773-42-4253(直通)

内線:277

ファクス:0773-40-1088

Eメール:minseijido@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?