将来都市像

閉じる

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 資料館 > 届出・補助金 > 遺跡内での工事には届出が必要です

ここから本文です。

更新日:2021年9月17日

遺跡内での工事には届出が必要です

綾部市内において、住宅建築、宅地造成、盛土、切土を伴う土木工事等を行う場合、その場所が「周知の埋蔵文化財包蔵地」(石器、土器の出土した場所又は遺跡の存在が国・府で確認されている土地)の範囲内であれば、届出が必要です。

周知の埋蔵文化財包蔵地の確認

「周知の埋蔵文化財包蔵地」の範囲を確認する方法は以下の通りです。

※遺跡範囲内に近接する場合や不明な場合は、必ず綾部市資料館にお問い合わせください。

埋蔵文化財発掘の届出(文化財保護法第93条)

工事着工の60日前までに「埋蔵文化財発掘の届出」を提出していただく必要があります。

「埋蔵文化財発掘の届出」(A4)と添付書類を2部(正・副各1部)作成し綾部市資料館に提出してください。

 

埋蔵文化財発掘の届出(記入例)(PDF:94KB)

埋蔵文化財発掘の届出(PDF:74KB)

埋蔵文化財発掘の届出(ワード:20KB)

添付書類

  1. 位置図(縮尺1/5000~1/2500程度)
  2. 配置図(工事概要のわかる平面図)
  3. 立面図等(掘削の範囲や深さがわかる図面)

立面図の例:造成工事(切り盛りのわかる図面、擁壁の概要等)

工場・住宅の建設(基礎配置図、基礎の形状がわかる図面、土壌改良の深さや範囲がわかる図等)

 

※工事内容、埋蔵文化財の状況等により立会調査・試掘調査・本発掘調査になることがあります。工事の作業計画に影響を及ぼすことも考えられますので、早い段階で綾部市資料館までご相談ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会教育部社会教育課

京都府綾部市里町久田21-20

電話番号:0773-43-1366(綾部市資料館 休館日:月曜日)

ファクス:0773-43-2134

Eメール:shakaikyoiku@city.ayabe.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは分かりやすかったですか?

このページは見つけやすかったですか?

このページは役に立ちましたか?